ふるさと納税

ふるさと納税レポート!高知県いの町「土佐マンゴー」

さとふる

今回も前回に続き、いの町からいただいた特産品になります!

今回はみんな大好き完熟マンゴーです!

じつは私くし5、6年前までマンゴーが苦手でした。
子供のころ初めて食べたマンゴーが、スーパーなどでよく売っている300円ぐらいの物だったんですよ。

(おそらく外国産)

そのころはマンゴーにもいろんな種類があることなんて知らなかったので、自分の中でのマンゴーの基準がこの初めて食べたマンゴーになってしまっていたんです。

なので「マンゴー=外国産=あまり美味しくない」というイメージを持っていました。

ですが5、6年前に祖母の家でマンゴーを食べる機会があり(もちろんあまり食べたくはなかったのですが)、せっかく祖母が私のために用意してくれたので食べてみたんです。

いや~あれは衝撃でしたね。
同じマンゴーでもここまで味がかわるとは思ってもみなかったので。

じつは祖母が暮しているのは宮崎県で、その時食べたのが大人気の「完熟マンゴー」だったんですよ!

マンゴーにもいろいろな品種があるようで、私が食べたのが宮崎県日南産の「アップルマンゴー」という品種でした。

しかもこのマンゴーが「太陽のたまご」と呼ばれる、宮崎県の高級完熟マンゴーだったので、美味しくないわけがなかったんですね(笑)

完熟マンゴーの美味しさに目覚めた私は、それからというもの、あれだけ苦手だったマンゴーを毎年必ず食べるようになりました!

で、そろそろ本題にはいりますが(笑)、ではなぜ今回、宮崎県ではなく高知県のいの町のマンゴーを選んだのかといいますと。

単純に宮崎産のマンゴーが全て品切れとなっていたからです(笑)

てなわけで、他を探していると見つけたのが、今日ご紹介する高知県いの町の「土佐マンゴー」だったわけです!!

高知県いの町の「完熟マンゴー」

高知県でマンゴー?あんまり聞いたことないし、しかもおいしいのか?
と、このブログの数少ない読者のみなさまは思われたかもしれません。
私は最初そう思いました(笑)

しかしいろいろ調べてみると、「いの町」でも 温暖な気候を利用した「土佐マンゴー」(完熟アップルマンゴー)が人気とのこと!!

確かに高知県は四国でも温暖な地域で、宮崎県のように温暖な地域ならではの作物も多いように思います。

まぁ、高知県のマンゴーがどんなものか1度食べてみるのもいいかもしれない。と思い、早速「いの町」にふるさと納税をすることに。
(すいません。上から目線で 笑)

そして届いたのがこちら
P1040230 (1)blog
P1040238blog

立派な化粧箱に入った完熟マンゴーです。
マンゴーも赤々と熟しておりじつに美味しそう!

さっそく食べてみたのですが、やっぱり美味しい!

甘さも十分満足できるレベルです。
口の中ですぐにとろけ、上品な甘さが広がります。
あ~、今思い出してもよだれが。

宮崎県の完熟マンゴーも美味しいですが、高知県いの町のマンゴーでも十分満足させていただけました!

では最後に「いの町」からいただけるマンゴーの特産品について。

特産品の詳細

高知県いの町では「5,000円の寄付」「10,000円の寄付」、それぞれで完熟マンゴーをいただくことができます。

内容は

5,000円の寄付

マンゴー 1個(サイズや個数はその都度変動あり)

こちらは5,000円のふるさと納税の寄付でいただける完熟マンゴーです。
高知県のマンゴーをお試し感覚で食べて見たい方にオススメの特産品です!

 

10,000円の寄付

土佐マンゴー 2〜5個(L〜2L)

こちらは私がいただきた土佐マンゴーがいただける特産品です!
化粧箱に入っており贈答用にも使える立派な商品です!

「量」もたくさんいただけるので、完熟マンゴーをガッツリ食べたいというかたにはオススメの一品です!

(特産品の詳細は→「さとふる」へ)

 

高知県は完熟マンゴーに関して有名な産地というわけではありませんが、宮崎県のように温暖な地域で育てられた完熟マンゴーですので、みなさまにも満足していただけるのではないでしょうか?

 

では最後に特産品の評価を

土佐マンゴー ★★★★★★☆

いの町にも素晴らしい完熟マンゴーがありますので、ぜひみなさまにもオススメいたします!

(特産品の詳細は→「さとふる」へ)

さとふる