お肉

ふるさと納税レポート!福岡県「博多若杉 もつ鍋セット」

さとふる

今日ご紹介するのは、某通信販売サイトでも不動の人気を誇る「博多若杉 もつ鍋」です!


(引用元:https://item.rakuten.co.jp/f402150-nakama/1095737/)

我が家は「もつ鍋」を食べる習慣がなかったので、今までの人生で数えるほどしか「もつ鍋」を食べたことがありません。しかも食べるようになったのはここ1、2年の間です。

最近近所にめちゃくちゃ安い「お肉屋さん」ができたので、一年に数回はそこのめちゃくちゃ安い「モツ」で(笑)、「もつ鍋」をするようになりました。

しかしやはり安いだけあって、少し「臭み」が気になってしまいます。

そこで「国産の臭みのないモツを食べてみたい!」と思いふるさと納税で探し、見つけたのが今回ご紹介する「博多若杉 もつ鍋セット」です!

今日は『「博多若杉 もつ鍋セット」はなぜ人気があるのか?』『「モツ」は臭みがなく美味しいのか?』ということも含めて、レポートしていきたいと思います!

 

博多若杉の「もつ鍋」

「博多若杉」は、創業約30年の「もつ鍋」「水炊き」などの「鍋料理」を専門としているお店です。

「博多若杉」は福岡県中洲に店舗を構えており、福岡県民のみならず、県外のお客さんにも大変人気のお店です!
そして「博多若杉」の人気を語る上で欠かせないのが、ネット通信販売事業についてです。

「博多若杉」は、「もつ鍋」のネット通販に力を入れており、なんと某通販サイトでは「300週以上」、鍋部門で1位を獲得しています!

1年が48週しかありませんので、合計すると6年以上も、「鍋部門」で1番人気を獲得していることになります。

「食」の世界は、次々に新たに美味しい物が生み出されるので、長期間、同じ商品がトップに君臨することはあまりないことです。

しかし「博多若杉 もつ鍋」は、消費者からの評判が評判を呼び、現在までずっとトップを走り続けています。

ではなぜ「博多若杉 もつ鍋」は、これほど人気があるのでしょうか?

「博多若杉 もつ鍋」が人気の理由

「博多若杉」のもつ鍋が消費者の方から高評価を受けるに至った理由は、大まかに分けると2つあります。

1つは「スープ」が絶品であること。そしてもう1つが「モツ」の質が高いことです。

絶品もつ鍋スープ

鍋料理といえば、お肉や野菜の美味しさを引き立てる「スープ」が重要ですよね。
一般的な「もつ鍋」のスープは、ニンニクなどの旨味が出る材料がたくさん使用されています。
旨味を出すためには、ニンニクがたくさん必要だからです。そのため「もつ鍋」のスープは味の濃い「コッテリ」したものになりがです。

逆にニンニクを控えめにすると、「あっさり」したスープになりますが、「旨味」のあまりないスープになってしまいます。

しかし「博多若杉」で使用されている「もつ鍋」のスープは、「あっさり」かつ「旨味」のあるスープに仕上がっています。その秘密が「酒粕」です。

「酒粕」を加えることで、ニンニクが少量でもコクのある「深い旨味」のあるスープに仕上がります。しかも「コッテリ」したスープではなく、「あっさり」としたスープに。

「あっさり」して「旨味」がある。一見すると相反するように思える2つの特徴をもった「絶妙のスープ」が、「博多若杉 もつ鍋」人気の理由の1つです。

モツの「質」

鍋部門で長年1位を獲得している最大の理由は、やはり単純に美味しいからです(笑)

その美味しさの評価を左右するのがメインの食材の「モツ」です。「モツ」の「質」が悪く美味しくなければ、当然1位に君臨し続けることはできません。

「博多若杉」では、熟練の職人による「目利き」により、上質な「モツ」を仕入れていることはもちろん、「モツ」の下処理にも力を入れています。

「モツ」は他のお肉と違い「洗い」が大事だと言われています。
「博多若杉」は、職人が1つ1つ丁寧に「モツ」洗うことで、「モツ」の旨味をより一層引き立てることに成功しました。

料理というのは1つ1つの工程が後々の「味」に影響するものです。
「下処理をきちんとしなければいけない」という言葉をよく聞くように、1つの工程でも面倒だとサボってしまえば、本当の意味で素材の味を引き出すことはできません。

そういった意味では、ただ「質」の高い「モツ」を仕入れて終わりではなく、職人が自ら1つ1つ「丁寧に洗う」とことを大事にしているからこそ、多くの人の支持を得られる「上質なモツ」を提供できるのでしょうね。

「上質なモツ」を提供していることも、「博多若杉」のもつ鍋が多くの方に支持されている理由の1つです。

 

調べてみると、さすがは大人気商品だけあって、「博多若杉」の「もつ鍋」は、「スープ」も「モツ」も絶品のようです!

これが事実であれば(笑)、人気が出るのも当たり前ですよね!これは俄然、食べるのが楽しみになってきました!
(疑っているわけではありません 笑)

ではお次は、私がいただいた「博多若杉 もつ鍋セット」を食べた感想を。

 

もつ鍋のお味は?

「博多若杉」のもつ鍋は、スープが何種類か用意されています。
私がいただいたのは1番人気であり定番の「醤油味」です。

このように冷凍で「スープ」「モツ」「薬味」「麺」と4つに分けて届きます。

そして上記を「もつ鍋」にしたのがこちら。

みた感じは、普通のもつ鍋です。普通に美味しそうです!笑

ではさっそく、スープから飲んでみます。

「うん!これは美味しい!」

コクがあるのですが、ひつこくなくちょうどいいバランスの味です!
醤油ベースのスープに「酒粕」が見事にマッチしています。というより「酒粕」の旨味がこのスープを一段も二段も上のレベルに引き上げているように感じます!
「酒粕」を「粕汁」にしか使用したことのない私にとってはすごい発見でした!「酒粕」がスープにこれほどまでに好影響を与えるとは!

よく「酒粕」を入れることを思いついてくれました!笑
これはどんな鍋料理にも合いそうな美味しいスープです!

ではお次は肝心の「モツ」を食べた感想を。

私は基本的に安物しか食べたことがないので(笑)、あまり味については詳しいことは言えません。
しかし単純にこの「モツ」を食べて思ったのは「すごく美味しい!」ということです。やはり「洗い」がしっかり行われているからなのか、「くさみ」がいっさいありません!
「モツ」の脂の旨味はいうことなく、大満足です!

締めのラーメンはお腹いっぱいになり翌日に持ち越しましたが(笑)、翌日食べたラーメンもスープとよく合うので、とても美味しくいただくことができました!

私はまだ暑さの厳しい9月の下旬頃に「もつ鍋」を食べたのですが、暑い日に食べる「もつ鍋」もいいもんですね!
暑いのにこれだけ美味しく感じれば、冬の体の冷えた日に食べれば、さらに満足度は高くなりそうです!

6年以上トップの人気を維持し続けている「博多若杉 もつ鍋セット」を、ぜひみなさまにもオススメしたいと思います!

 

特産品の詳細

「博多若杉」の「もつ鍋」は、様々な特産品が用意されています。
これより、個人的にオススメだと思った特産品をピックアップしていきたいと思います。

福岡県福智町「リピート支持多数!!博多若杉 牛もつ鍋(4~5人前)」


(引用元:https://item.rakuten.co.jp/f406104-fukuchi/e60-02/)

福岡県福智町では10,000円のふるさと納税をすることで、「リピート支持多数!!博多若杉 牛もつ鍋」をいただくことができます。

国産牛小腸300g×2 濃縮醤油スープ200g×2

ちゃんぽん麺150g×4 柚子胡椒1g×4

ごま10g×2 たかのつめ0.5g

こちらは10,000円の寄付で4〜5人前もいただける特産品です。家族で食べるにはピッタリの量なので「博多若杉 もつ鍋」をご家庭で食べるにはちょうどいい特産品になります。

ただこちらは「モツ」の部位が「小腸」のみになるので、いろいろな部位を食べたい方は次に紹介する特産品を選んでいただければと思います。

 

特産品の詳細

福岡県福智町(ふるさとチョイス)

福岡県福智町(楽天ふるさと納税)

 

福岡県中間市「昭和56年創業博多若杉牛もつ鍋セット4~5人前」


(引用元:https://item.rakuten.co.jp/f402150-nakama/1014082/)

福岡県中間市では12,000円のふるさと納税をすることで、「昭和56年創業博多若杉牛もつ鍋セット4~5人前」をいただくことができます。

国産牛もつ:300g×2個(小腸、赤センマイ、ハツ) 

濃縮もつ鍋スープ:200g×2(醤油)

ちゃんぽん麺:150g×4個 

ごま:10g×2個

柚子胡椒:1g×4個

鷹の爪:0.5g

こちらは「博多若杉」定番のセットになります。「モツ」は「小腸、赤センマイ、ハツ」の3種類を楽しむことができます。

「博多若杉」のもつ鍋を食べたことがない方は、定番のこちらのセットがオススメです!

 

特産品の詳細

福岡県中間市(ふるさとチョイス)

福岡県中間市(楽天ふるさと納税)

福岡県中間市(さとふる)

 

福岡県志免町「訳あり 博多若杉 もつ鍋 10人前 2人前×5セット 国産牛もつ 1kg」


(引用元:https://item.rakuten.co.jp/f403431-shime/001-194/)

福岡県志免町では13,000円のふるさと納税をすることで、「訳あり 博多若杉 もつ鍋 10人前」をいただくことができます。

国産牛もつ:200g×5 合計1kg

醤油スープ150g×5 合計750g

こちらは「訳あり」と表示されていますが、全然訳ありではない特産品です。
「訳あり」と書いてある理由は、「モツ」と「スープ」以外の「麺」や「薬味」がついていないからです。

そん代わりに「モツ」が何と「1,000g」もいただけます!これは「訳あり」というより、私にとっては「お得な商品」に見えてしまうのですが(笑)

ただただ「モツ」をたくさん食べたいという方には、こちらの特産品がオススメです!

 

特産品の詳細

福岡県志免町(ふるさとチョイス)

福岡県志免町(楽天ふるさと納税)

福岡県志免町 (さとふる)

 

※「楽天ふるさと納税」と「さとふる」は寄付額が14,000円となります

 

福岡県中間市「(訳あり)なんと!牛もつ1,000g付き!?博多若杉牛もつ鍋食べ比べ」


(引用元:https://item.rakuten.co.jp/f402150-nakama/1095737/)

福岡県中間市では14,000円のふるさと納税をすることで、「(訳あり)なんと!牛もつ1,000g付き!?博多若杉牛もつ鍋食べ比べ」をいただくことができます。

国産牛もつ(200g)×5

醤油スープ(150g)×2

濃縮こってり味噌スープ(150g)×1

濃縮塩とんこつスープ(150g)×1

濃縮あごだし醤油スープ(150g)×1

こちらは基本の「醤油スープ」以外にも、「味噌」「とんこつ」「あごだし」の3種のスープと食べ比べをすることができるセットです。

しかもこちらも「訳あり」と書いてありますが、1,000gの大量の「モツ」がいただけるセットです!

「博多若杉」の様々なスープを楽しんでみたい方にオススメの特産品です!

 

特産品の詳細

福岡県中間市(ふるさとチョイス)

福岡県中間市(楽天ふるさと納税)

福岡県中間市(さとふる)

 

まとめ

今日は福岡県の自治体よりいただける大人気の特産品、「博多若杉 もつ鍋セット」をご紹介させていただきました!

「博多若杉」のもつ鍋は、通信販売で大人気とのことだったので期待値マックスの状態で食べましたが、見事、その期待に答えてくれる素晴らしい特産品でした!

やはり6年もトップを走り続けている商品は一味違うものなんですね!
「スープ」は絶品で、「モツ」はくさみがなく、大変素晴らしい特産品でした!
暑い夏の終わりに食べてもみなさんにオススメしたくなったので、これから寒くなる季節に向けて、ぜひみなさまにも食べていただきたいと思います!

冬の美味しい鍋料理はたくさんありますが、お手軽な寄付額でいただけ満足度も高い「博多若杉 もつ鍋」を、ぜひご検討いただければと思います!

 

では評価です。

「博多若杉 もつ鍋」 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 

別件ですが、現在「ふるさとチョイス」では「ニコニコエール品」と呼ばれる大増量中の特産品のキャンペーンが開催中です

お得な特産品が盛り沢山なので、ぜひこの機会にふるさと納税をしましょう!

(「ニコニコエール品」の詳細はこちら)

 

さとふる