ふるさと納税

ふるさと納税レポート!兵庫県明石市「鍵庄 一番摘み明石のり詰合せ」

今日ご紹介するのは、兵庫県明石市の「鍵庄 一番摘み明石のり」です!

明石市といえば「タコ」「明石鯛」、一時ニュースで話題になった「明石市長」などが有名ですよね(笑)

明石産の「タコ」や「鯛」は、テレビで取り上げられたり、全国の高級料亭で使用されたりと、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

今日ご紹介する「明石のり」は、「タコ」や「明石鯛」ほどの知名度はありません。
しかし、明石産の「タコ」や「鯛」が全国でもトップレベルの「質」を誇るように、明石産の「海苔」も、全国トップレベルの「質」を誇る特産品です!

今日は全国的に見ても、「質」が高いことで有名な「明石のり」についてレポートさせていただきます!
ふるさと納税の特産品でいただける「鍵庄」さん製造の「明石のり」の特徴についても、合わせて説明させていただきます!

 

「明石のり」の特徴

じつは兵庫県は、佐賀県に次いで海苔の生産量が、全国第2位の地域になります。
そして兵庫県の生産量のうち、約40%の海苔が明石市で生産されています。

明石市周辺の海域は「タコ」や「鯛」が美味しく育つことで有名ですが、海苔の養殖にも適しています。

兵庫県と淡路島の間にある明石海峡周辺の海域は、潮の流れが速く、栄養分が豊富です。
また冬の季節風により水温は下がるので、海苔の養殖には抜群の環境になります。

これらの条件により、「明石のり」は肉厚でパリッとした歯ごたえ、旨味がたっぷりの海苔に育ちます!

 

「鍵庄」の「明石のり」

今日ご紹介する「明石のり」は、明石市では有名な「鍵庄」さんが、製造販売しています。

じつは私は明石市在住でして、「鍵庄」さんの海苔には何度もお世話になっています。
おそらく明石市だけでなく、兵庫県でも一番有名な海苔の販売会社さんだと思います。

「鍵庄」さんの海苔が有名な理由は、やはり「質」が高いこと!

「鍵庄」さんが販売している「明石のり」は、一番摘みのものだけが使用されています。
海苔は一番摘みがもっとも美味しいと言われています。お茶でいえば新茶みたいなものでしょうか。

収穫された海苔のうち、一番摘みのものは3%程度。
「鍵庄」さんでは、この3%にあたる貴重な一番摘みのものだけを使用し、海苔を製造販売しています。

「質」が高いぶん、他の「明石のり」に比べると高価な海苔になりますが、地元ではリピーターも多く、大変人気です!
「お歳暮」や「お中元」に利用している方たちも多く、評判の良さがうかがえます。

先日には、明石市にある大型のショッピングモールで、イベント広場を貸し切っての「鍵庄 明石のり」の販売が行われていました。

私はショッピングモール内にある「ユニクロ感謝祭」に行った帰りに、「食品でも買って帰ろうかな!」とウロウロしていたところ(笑)、偶然イベント広場を通りかかりました。
ユニクロ感謝祭に負けず劣らずの人混みで、たくさんの人が自宅用に、贈答用にと、ここぞとばかりに購入していました!(少し割引されていたので 笑)

私は朝食が「ご飯派」なので、毎朝必ず海苔を食べています。
高級海苔である「鍵庄 明石のり」を購入して食べるのは、一年に一度あるかないかですが、どうやら今日がその時のようです(笑)

久しぶりに最高級の「鍵庄 明石のり」を食べるべく(セールという言葉に負け 笑)、人混みに紛れ、海苔をゲットしてきました!

では、お次はゲットした「鍵庄 明石のり」を食べた感想に移らせていただきます。

 

「鍵庄 明石のり」のお味は?

さすがは一番摘みの高級品だけあって、見た目に品があり、色が濃いですね!
安い海苔ってたいがい、薄い緑色のような色をしていますよね?
その点、やはり高級海苔というのは、色が黒々としており、ツヤもあります!

見るからに美味しそうです!
まずは海苔本来の味を確かめるべく、そのまま食べてみることに。

うん、さすがの美味しさです!

味付け海苔なので、しっかりと味はついているのですが、素材の味もしっかりと感じることができます!
やはりいい意味で海苔の味が濃いですね!

試しにいつも朝食で食べている、ワンランク下の海苔と食べ比べてみました(笑)
「鍵庄 明石のり」と、私が食べている「ワンランク下の海苔」、どちらも味付けは甲乙つけがたいぐらい素晴らしいのですが、素材の味がやはり違います。

食べ比べると気づいてしまったのですが、鍵庄さんの味付けのりのほうが、「海苔本来の味に癖がなく旨味がある。」と感じました。

私がいつも食べている海苔も、そこそこいい値段のする「海苔」なのですが(笑)、「鍵庄 明石のり」を食べた後だと、独特の癖のようなものを感じます。

なんと言えばいいのか、お肉でいうと「臭み」みたいなイメージでしょうか。
いつもは気にならなかったのですが、「鍵庄 明石のり」を食べた後だと、素材の味の「質」の違いが気になってしまいます。

正直、私が毎朝食べている「ワンランク下の海苔」でも「十分美味しい」と感じていましたが、やっぱり「鍵庄」さんの海苔と食べ比べるとボロがでますね。

「知らないこと」で得られていた幸せがあることを、思い知らされました(笑)

ちなみに、海苔の販売イベントでは「もみ海苔」も購入しましたが、こちらも同じく大満足のお味でした!

ふるさと納税では、私が購入した「ケース」に入っているタイプの物が、特産品として取り扱いされています。

では、最後に特産品の詳細をお伝えいたします!

 

特産品の詳細

兵庫県明石市には10,000円のふるさと納税の寄付をすることで、「鍵庄 一番摘み明石のり詰合せ」がいただけます。


(引用元:https://www.kagisho.co.jp/shop_x.htm?n=shopitems&io=2088)

内容

味のり(味8切80枚入)×2本

詰替え用味のり(味8切80枚)×2袋入

 

(特産品の詳細はこちら)

明石市では、この他にも「味付けのり」「焼き海苔」がセットになったものなど、「明石のり」関連の特産品がいくつか用意されています。

ご希望の方は、一度、明石市の特産品をご覧になってください!

(特産品の詳細は→「ふるさとチョイス」or「楽天ふるさと納税(兵庫県明石市)」へ)

 

今日は、兵庫県明石市の名産品である「明石のり」を、ご紹介させていただきました!

明石海峡周辺の海産物は、「速い潮の流れ」、「栄養分が豊富」などの特徴により、たくましく、美味しく育ちます。

「タコ」や「鯛」だけでなく、「明石のり」も、全国に誇る特産品です!

「自分で食べるのもよし!」

「お中元やお歳暮に送るのもよし!」

「食べ比べをし、知らないことで得られる幸せがあることに気づくこともよし!笑」

の使い勝手のよい特産品です。

最高級品の「海苔」をご希望の方は、ぜひ兵庫県明石市にふるさと納税をご検討ください!

(特産品の詳細は→「ふるさとチョイス」or「楽天ふるさと納税(兵庫県明石市)」へ)

 

追記

みなさんは、ふるさと納税を申し込む時に、どのサイトを利用していますか?
じつは申し込むサイトによって、特産品の内容は同じでも「寄付額」が異なる場合があります。

もし知らないのであれば、いつの間にか損をしている可能性もあります。
ぜひ下記の記事を読んで、参考にしていただければと思います。

(「寄付額」が異なる理由はこちら)

さとふる