お肉

ふるさと納税レポート!宮崎県都城市「きなこ豚」

さとふる

今回ご紹介するのは、ふるさと納税で大人気、宮崎県都城市の特産品!

都城市は「お肉」と「焼酎」に関しては、日本でもトップレベルの自治体です。「お肉」も「焼酎」も豊富なおかげで、それほど高くなくても「質」の良いものが手に入ります!

私は祖母が都城市で暮らしているので、月に1度ぐらい都城市を訪れる機会があります。
都城市は「牛肉」「豚肉」「鶏肉」「馬肉」と、「お肉」ならなんでもあります。しかもどれも本当に「質」が高い!

お店に行くと「お肉」が選び放題なので、逆に魚不足になりがちなのも都城市の特徴です。
(私だけかも 笑)

今日は「お肉の町」である都城市より、大人気の「豚肉」の特産品である「きなこ豚」をご紹介したいと思います!

 

きなこ豚とは

最近気づいたですが今回ご紹介する「きなこ豚」を生産している、はざま牧場」&「直売所」が、祖母の家から車で5分のところにありました(笑)

ブログを書いている私としては「これは行くしかない!(距離的にも近いし!)」ということで、直売所に行き「きなこ豚」の美味しさの秘密を探ってみることに!
03151753_5142e16c756dc
(引用元:https://www.f-hazama.co.jp)

ではまずはみなさんが疑問に思うであろう名前の由来について。
なぜこの豚肉が「きなこ豚」と呼ばれていると思いますか?

名前からだいたい想像できるかな?そうです!みなさんお察しの通り、はざま牧場の豚は「きなこ」を食べて育っているのです!

ただ「きなこ」と言っても、私たちが食べている「きなこ」とは全然違います。

「きなこ豚」が食べる「きなこ」は、大豆からできる栄養価の高い「きなこ」と、厳選したトウモロコシ等とブレンドした飼料です。

この「植物性タンパク質」が豊富な「きなこ」を食べることで、豚の甘みが増すそうです。
また栄養タップリで健康的に育てられているのため、まろやかな旨味になるんです!

「きなこ豚」の秘密は探りに行かなくても、調べるとわかってしまったのですが(笑)、せっかくなので直売所に行ってきた感想を書かせていただきます!
DSC_0495blog

DSC_0485blog
(豚の直売所にピンクは欠かせません!!)

DSC_0491blog

DSC_0486blog
(冷凍も販売しています!)

この日はちょうど特売日だったようで、たくさんお客さんがいました!
「生ハム」や「ウインナー」なども販売していたのですが、私が選んだのがこちら
DSC_0498blog

DSC_0499blog
もちろん、広告の品!!笑

定価の商品には見向きもせず、お得な値段の商品を購入させていただきました!

私が購入したのが「きなこ豚」の「ロースしゃぶしゃぶ用」「小間切れ」
どちらも、豚の臭みは一切無く、特に「ロースしゃぶしゃぶ用」は脂身の上質な甘さがたまりませんでした!

ちなみに都城市にはたくさんの「豚肉」がありますが、「きなこ豚」はその数あるブランド豚の中でもトッップクラスの「質」を備えた豚です!

最近親戚から「兵庫県にはない美味しい豚肉があるから、食べてみ!(私は兵庫県在住なので)」と言われて「きなこ豚」をいただきました。

やはり都城市で「きなこ豚」は有名なようです!

もちろん親戚の好意に感謝し、「こんなに美味しい豚があるんだ!」と初めて食べたふりをしましたが、すでに「きなこ豚」に関しては私のほうが詳しいかもしれません(笑)

ということで、最後に都城市民が愛する「きなこ豚」の詳細を。

 

特産品の詳細

都城市のふるさと納税では、「きなこ豚」の特産品がたくさん用意されていますので、それぞれをご紹介させていただきます

10,000円での寄付

「きなこ豚」バラエティセット (詳細はこちら)
「きなこ豚」しゃぶしゃぶお楽しみセット 
(詳細はこちら)
「きなこ豚」スライスセット 
(詳細はこちら)
「きなこ豚」焼肉・とんかつセット 
(詳細はこちら)

16,000円の寄付

「きなこ豚」4kg盛りセット (詳細はこちら)
「きなこ豚」しゃぶ肉詰め合わせ (詳細はこちら)
「きなこ豚」詰め合わせセット 
(詳細はこちら)
「きなこ豚」とんかつセット 
(詳細はこちら)

 

個人的には「しゃぶしゃぶ用のお肉」が美味しかったのでオススメしたいのですが、今はとんかつも食べてみたいような気持ちになっております(笑)

まぁ、その時の気分で選べるように様々な種類の特産品を用意してくれていますので、あとは家族会議で決めていただければと思います!

「きなこ豚」は九州で有名である「黒豚」ではありませんが、それに匹敵しうる実力を秘めていますので、食べたことのない方は1度「きなこ豚」関連の特産品をいただいてみてはいかがでしょうか?

さとふる