ふるさと納税

ふるさと納税レポート!北海道当麻町「でんすけすいか」

さとふる

ついにこの時がやってきました!

おそらく「スイカ好きが食べてみたいスイカNo1!」である「でんすけすいか」!
(根拠なしw)

スイカが果物で1番好きな私にとっては、死ぬまでに1度は食べたいと思っていた果物です!

いつもデパートやインターネットで「でんすけすいか」を眺めるだけで、この高級スイカの前では財布の紐が1mmも緩まなかった貧乏性の私が(笑)、ふるさと納税のおかげで、ついに食べる機会をいただけました!

今までのふるさと納税でいただいた数々のスイカに比べてどうちがうのか?ということも含めて今日はレポートしていきたいと思います!

 

当麻町の「でんすけすいか」

それではまずこちらの写真をご覧下さい!
DSC_0488blog
DSC_0492blog

「でんすけすいか」は、 普段私達が食べるスイカとは少し見た目が違い、黒皮のスイカ。

果肉も普通のスイカよりも鮮やかな赤色という印象です。

そして果肉が普通のスイカと比べると固めなのが特徴のスイカとなっております。 

で、やはり気になるのが「でんすけすいか」が他のスイカと比べてどこがすごいのか?ということだと思います。

「でんすけすいか」の1番のすごさは、やはりブランド力じゃないでしょうか?

マグロやメロンなどは初競りと言って、何十万、何百万という値段でその年の初物が高値で競り落とされますが、「でんすけすいか」も同様に初競りが行われます。

今年の初競りで、「でんすけすいか」についた値段は何と「50万円」

スイカ1玉に50万円も払う意味は私のような庶民には理解しがたいですが(笑)、それだけスイカの世界では別格のブランド力を持っているのでしょう!

もちろん私が北海道当麻町からいただいた物も、初競りとは値段は違えど、クオリティーは同じ「でんすけすいか」です! 

 

特産品の詳細

「でんすけすいか」は、北海道当麻町に15,000円のふるさと納税の寄付をするといただくことがでいます。

内容は

でんすけすいか 秀品1玉

(特産品の詳細はこちら)

私が今年いただいたのは「秀品」で大きさは「Lサイズ」
重さを量ってみたところ、だいたい6,6kgでした。

 

ではそろそろ、いただいた「でんすけすいか」を食べた感想に移らせていただこうと思います

 

「でんすけすいか」のお味は?

DSC_0487blog

スイカは、バナナなどのように追熟はしないそうなので、収穫した時が食べごろなんだそうです!

「でんすけすいか」も、もちろん届いた時が食べごろなので、早速冷やして食べることに!
DSC_0495blog

甘さはどうかな?と1口食べてみると・・・、うん、甘い!

そして果肉はと言いますと、上記で少し書かせていただきましたが、普通のスイカよりも、けっこう固め。

かなりシャッキシャキで、みずみずしいスイカでした!

で、肝心の今までふるさと納税でいただいた他の自治体のスイカと比べると・・・。
(今までのレポートはこちらから、「大栄すいか」「尾花沢すいか」「伊佐沢 小玉すいか」「赤土スイカ」)

正直、美味しさは今までにいただいたスイカと甲乙つけがたく、同じぐらい甘くて美味しいスイカでした!

なので「でんすけすいか」の特徴である「シャキシャキ感」を重視したい方にはオススメのスイカだと思います!

あと普通のスイカの場合、すぐに食べないと日にちがたつごとに果肉がぬかぬかしてくるのですが、「でんすけすいか」はもともと果肉が固めなので、1週間ぐらい冷蔵庫で保存していても、全然ぬかぬかしてくるという感じがありませんでした。

あくまで個人的に感じたことですが、冷蔵庫での中期保存にも適しているスイカなのかなと思いました。

「でんすけすいかはブランドが確立されていますので、高級感があり(箱もいい感じのデザインですし)、糖度も高くて美味しいスイカです。贈り物としてはベストなスイカなんじゃないでしょうか?
(「でんすけすいか」は糖度11度以下は市場に出回らないようになっているようです。)

 

まとめ

では最後に評価です。

でんすけすいか ★★★★★☆☆

ついに念願叶い、「でんすけすいか」を食べることができました!

高級品ということで仕方ない部分ではあるのですが、「量」はもう少し欲しかったかも(笑)

まぁでもブランド化されているだけあって、糖度の基準はしっかりしていますので、安心して甘いスイカを食べたい方や高級感を味わいたい方にはピッタリな特産品だと思います!

「質」に関しては大満足でしたので、「質」重視のかたにオススメの美味しいスイカの特産品でした!

ぜひみなさまも、「死ぬまでに1度は食べたい!」と私が言っていた「でんすけすいか」をご賞味くださいませ!笑

(特産品の詳細はこちら)

さとふる