ふるさと納税

ふるさと納税「体験編」、宮崎県日南市「港の駅めいつ」!!その1

前回まで、宮崎県綾町について数回にわたり書かせていただきましたが、今回も同じ宮崎県の日南市という町へ!!

綾町が山や自然と共に生きているのであれば、日南市は海や自然と共に生きている町!!

今回は日南市の海の幸について学びに(ランチに)行ってまいりました!!

 

日南市「港の駅 めいつ」

今回、ランチに行かせていただいたのは、日南市のふるさと納税でも大活躍の「港の駅 めいつ」!!
(カツオやイセエビなどがいただけます)

目井津港にある「港の駅 めいつ」は「南郷漁協(日南市の漁業組合)」直営のお店。
地元の特産品であるカツオをはじめとする、新鮮な海の幸がいただけます!

ところでカツオと言えば自分の中では高知県というイメージだったんですが、漁獲量が1番多いのは実は静岡県。
じゃあ宮崎は?と言いますと宮崎県は「カツオの1本釣りが日本一」なんだそうです。

じゃあ、どこのカツオが1番美味しいのか?ということなんですが、それは・・・、わかりません!!(笑)

ただカツオ漁には「巻き網」「一本釣り」があるそうで、「一本釣り」のほうがカツオに負担がかからず、傷がついたり、身くずれなどがおきにくいそうです。
しかも宮崎県ではほとんどが近海で漁をするので、遠方での漁に比べて、すばやく出荷できるというメリットがあります!
つまり鮮度がより良いカツオがいただけるということです!

また、宮崎県のなかでも特にカツオの1本釣りが盛んなのが日南市なんです!
つまり目井津港では日本でも最高峰の鮮度の良いカツオがいただけると言うことになります!!
(そうなりますよね?)

まぁ、結局は食べればわかるでしょ!と言うことで私が「港の駅 めいつ」で食べたカツオ料理をご紹介したいと思います!

その名も「かつおめし定食」!!
DSC_0282blog
こちらの料理は、漁師さんが船内にて食べていたのが始まりだそうです。
DSC_0286blog
カツオの漬けをご飯の上にのせ、薬味であるショウガ、ネギ、ゴマをかけます。
そして自分の好みでカツオが漬けられていたタレをかけます。
これで完成!!

では早速食べてみます。

「う、うめぇ〜!!」

カツオの刺身やタタキなどは食べたことがあったのですが、漬けは初めて。
漬けにすることで、カツオの旨味って増すのでしょうか?
こんなに美味しいとは!
いや、新鮮な日南のカツオだからこそ、ここまで美味しいんでしょうね!

ちなみにこの料理が「かつおめし」と言われる所以は、こちら。
DSC_0292blog
(すいません、なんか微妙な写真で)

ダシを注ぐと、このようにお茶漬けのようになります。
1度の食事で2度楽しめる!
これがかつおめしなんです!!

そしてこのダシで食べると、またあっさりとして美味しい!
自分でどんぶりを完成させて楽しめ、またアレンジも楽しめる、そして味も最高!!
ということで、これぞまさに一石三鳥のメニューです!!

みなさまも、日南市に訪れた際は、ぜひ「港の駅 めいつ」にお立ち寄りください!きっと美味しい海の幸が出迎えてくれますよ!

(日南市の特産品はこちら)

 

では次回は、私が食事をしたレストランと併設してある特産品売り場をご紹介させていただきたいと思います!

さとふる