ふるさと納税

ふるさと納税レポート!鳥取県浜田市「干物セット(のどぐろ・水カレイ・白イカ)」

今回はふるさと納税で人気抜群の島根県浜田市の特産品をご紹介します!

浜田市は2015年度、全国の自治体でもトップ10に入る寄付金額を集めた自治体です。 

浜田市がある島根県西部は、「暖かい対馬暖流」と「島根冷水域」と呼ばれる深海の冷たく栄養に富んだ海水とが混ざり合い、魚のエサになるプランクトンの発生量が多い地域なので、美味しい魚が育つと言われているそうです。

浜田市には県内随一の水揚げを誇る浜田港があり、県内のみならず、全国に出荷するほど、新鮮で美味しい海の恵みが豊富です。

そんな浜田市より私が今回ふるさと納税でいただいたのは「のどぐろ・水カレイ・白イカ」の干物セット

 

「のどぐろ・水カレイ・白イカ」の干物セット

DSC_0153-2blog

干物セットは浜田市に10,000円のふるさと納税の寄付をするとお礼の品としていただけます。

内容は

のどぐろ130〜150g×3尾

水カレイ150〜170g×3尾

白イカ130〜160g×2

(「干物セット」の詳細はこちら)

冷凍で届くので日持ちもします!ありがたい特産品ですね!

ではそろそろ特産品を食べた感想を。

 

干物セットのお味は?

それではまずは「のどぐろ」の紹介からさせていただこうと思います!

「のどぐろ」の産地は全国に多数あるのですが、島根県沖で漁獲される「のどぐろ」は全国的に見ても脂の乗りがよく、旨味が凝縮され、最高峰の品質とされています。

テレビでもたびたび紹介され、浜田市の市を代表する魚として「ブランド化」もされています。
旬の時期(8月〜5月)の浜田産の「のどぐろ」は脂の乗りが特によく、「白身のトロ」と呼ばれるほど!

じつは私、「のどぐろ」を食べるのは今回で2回目なんです。
昨年、島根県のお隣の鳥取県境港市からふるさと納税でいただいて初めて食べたのですが、すぐに大好きになりました!
(その時のレポートはこちら)

正直2回目に食べる時って、だいたい初めて食べた時ほどの感動がない時が多いのですが、今回食べた「のどぐろ」は違いました!
DSC_0164blog

脂の乗りも良く、すごく美味しい!!
2回目であることを感じさせない感動を味わえました!

本来なら3回目、4回目と週に1度は食べたいところですが、「のどぐろ」は高級魚なので、私のような庶民にはなかなか手がでません!

私の中では、正月か誕生日ぐらいにしか食べてはいけない高級品という認識なので、次にいつ食べれるかはわかりませんが1年に1度は勇気を出して購入しようと思います!

 

では次は「水カレイ」について。

じつはカレイの干物の生産量は浜田市が日本一で、全国の百貨店やスーパーにもよく並んでいるそうです。

スーパーはともかく(笑)、百貨店にも並ぶということは、やはり全国的にみても美味しいんでしょうね!

そんな浜田市で水揚げされるカレイの特徴は、身は「絹」のようで、旨味、甘味、脂質分が適度に混在しているところなんだそうです。
DSC_0209blog

確かに、私の食べた感想も「何かちょうどよい美味しさだったな」という感じでした。

安心感があると言えばいいんでしょうか、何か食べて「ほっと」するような、バランスのとれた美味しさでしたね。
(いや、マジで!)

 

では最後の「白イカ」です。

個人的にイカが大好きなので、今までのふるさと納税でも「白イカの一夜干し」、「仁科のヤリイカ」、「旬な鮮魚セット」などで色々なイカをいただきました。

どれもが美味しく、満足度も高いので、今回もイカを基準にこの「干物セット」を選んだぐらいです!

そして今回、浜田市からいただいた「白イカ」も大正解!
DSC_0276blog

お正月のみんなが集まる時に食べたのですが、一瞬で無くなるほどの人気でした!
なぜか1度食べだすと、手が止まらなくなるんですよね〜。

身はフワフワで、旨味が凝縮されていて、甘味があります。
酒の肴には抜群でしたね!
(写真は微妙になってしまいましたが 笑)

 

今回は干物をいただきましたが、現地では3種類ともお刺身で食べることもできるそうなので、機会があれば、ぜひ浜田市に遊びに行かせていただきたいと思います!

では評価です

干物セット ★★★★★☆☆

(「干物セット」が食べたくなってしまったかたはこちらへ)

さとふる