ふるさと納税

ふるさと納税おすすめ編!宮崎県「日向夏!」

はい!今回紹介するのは宮崎県ではおなじみ「日向夏」です!

私は祖母が宮崎に住んでいるので小さな頃から馴染みのある果物だったのですが、他の地域の方にはそうでもないかもしれません。

なのでまずは簡単に「日向夏」の説明から。

宮崎の名産「日向夏」

「日向夏」は宮崎県原産の柑橘類の一種です。
色は黄色で、味は他の柑橘類に比べてると、少し酸味が強いと思います。

個人的には「みかん」や「いよかん」「デコポン」などは、どこか同じような系統の味がするのですが、日向夏はどちらかというとグレープフルーツなどの「酸っぱうまい系」かなと思います!笑

私は酸っぱい果物が基本的に苦手で酸っぱい「みかん」や「いよかん」は、「あか〜ん!!」となってしまうのですが、逆に「日向夏」の場合は、なぜかその「酸っぱさ」がいいアクセントになっていて美味しく感じるんです!

 

日向夏のお味は?

「日向夏」は食べ方が独特で、外の「固い皮」と「実」の間にふわふわした白皮があります。
その白皮を一緒に食べるとなぜか美味しくなるんです!
言葉で説明してもわかりにくいと思いますので、写真で説明させていただきます!
DSC_0589blog
(黄色い外皮と実の間にある白いふわふわが、「白皮」です)


DSC_0591blog
(手で皮をむくと白皮まで一緒にむけてしまうので注意して下さい)


DSC_0597blog
(右がリンゴの皮をむくように、外の黄色い皮だけを包丁でむいて、白皮を残した状態です。へたくそですいません)


DSC_0604blog
(後は自分の食べやすい大きさに切るだけ!)

どうですか?ちょっとはわかりました?笑

私は甘党なのでこれに砂糖を少しかけます。
「みかん」や「いよかん」などに砂糖をかけても美味しくなると思わないのですが、なぜか「日向夏」には砂糖がむちゃくちゃ合うんですよ!
砂糖をプラスすると、個人的には柑橘類で1番美味しいかも。
ぜひ機会があれば試してみて下さい!
(あくまで個人の感想ですので、ノンクレームでお願いします)

そんな「日向夏」には、もちろん収穫時期があります。

名前からすると「夏」だろうと思われる方が多いと思いますが、じつは冬」から「春」にかけてなんです!
また名前からすると、宮崎県日向市の特産品としていただけるのではないかと思うのですが、なぜか現在は「日向市」からはいただくことができません(笑)

こんなちょっとお茶目な日向夏ですが(笑)、同じ宮崎県の「宮崎市」では、11,000円の寄付で「日向夏」をいただくことができます。

内容は

日向夏〔2.5kg/JA宮崎中央管内産〕

(特産品の詳細は→「さとふる」)

南国みやざきの冬の風物詩のような果物ですので、みなさまもぜひ1度ご賞味ください!

さとふる