ふるさと納税

ふるさと納税オススメ編!全国の美味しい「うなぎ」の特産品

さとふる

みなさん「うなぎ」はお好きですか?

日本では「土用の丑の日」なる習慣がありますよね。
子供の頃うなぎ嫌いだった私は、この「土用の丑の日」を心底憎みました(笑)
が、大人になった今は「土用の丑の日」が近づくのが楽しみで仕方がありません!

大人になり「うなぎ」の美味しさに気づいてからは、「なぜうなぎの安かった時代にたらふく食べておかなかったんだ!」と、後悔ばかりしております(笑)

まぁでも過去を悔いてばかりいても仕方がありません。
「うなぎ」が好きになってからは毎年「土用の丑の日」に、というより土用の丑の日以外にも「うなぎ」を楽しむようになりました!それに加え、ふるさと納税で人気の「うなぎ」の特産品を提供しているお店に足を運んこともあります!

子供の頃と比べると、えらい変わりようです(笑)
世の中には「人は変われない」と言う人がいますが、私は断言します。

「人は変われる!」と。
(少し意味が違うような 笑)

ふるさと納税では全国各地の自治体で「うなぎ」の特産品がたくさん用意されています。
そのほとんどが自治体自慢の一品なので、味はどの自治体を選んでも期待ができそうです。
実際私がいただいた「うなぎ」は、どれもが美味しかったですし!

そうは言っても、できれば無難に人気のある「うなぎ」を選びたいですよね。
そこで今回は、全国に数多くある「うなぎ」の特産品の中から、特にオススメの商品をご紹介したいと思います!

全国生産量No.1の「うなぎ」や、有名な地域の「うなぎ」、人気のお店の「うなぎ」など。いろいろまとめて見ましたので、特産品選びの参考にしていただければと思います!

 

オススメの「うなぎ」の特産品

日本で生産されている「うなぎ」の99%は養殖です。
つまり、私たちが食べている「うなぎ」のほとんどは、「養殖」ということになります。

では「うなぎの養殖」が盛んな地域はどこなのか?

「うなぎ」の養殖が盛んな地域を調べたところ

1位 鹿児島

2位 愛知

3位 宮崎

4位 静岡

5位 高知

であることがわかりました。

しかも「うなぎ」の生産量は、この5つの地域だけで日本の90%以上に上ります!
美味しいと言われている「うなぎ」のほとんどは、上記の地域で養殖されている「うなぎ」になります。

今日は養殖の盛んな地域順に、オススメの「うなぎ」を紹介させていただきます!

鹿児島県「霧島湧水鰻」

まずは日本一の生産量を誇る鹿児島県の「うなぎ」です。

鹿児島県志布志市は県内一の「うなぎ」の生産量を誇ります。
つまり単純に考えると、志布志市は「日本一のうなぎの町」ということになります。

志布志市では「うなぎ」を含めたくさんの特産品が用意されています。品揃えが豊富な志布志市、その中で1番人気の特産品が「霧島湧水鰻(無投薬うなぎ)」です!

霧島湧水鰻(無投薬うなぎ)

鹿児島県志布志市で1番人気の特産品が、「霧島湧水鰻(無投薬うなぎ)」です!
じつは私くし、この「霧島湧水鰻(無投薬うなぎ)」を直接店舗まで買いに行ったことがあります(笑)


(あいにく雨でした)

「うなぎの駅」と呼ばれる、食事ができお土産も購入できる施設が志布志市にはあります。


(引用元:https://yamadasuisan.com/unaginoeki/)

近年できたばかりの施設なのでめちゃくちゃ綺麗です!

私が訪れたのはおやつの時間だったため(笑)、うなぎ弁当とふるさと納税の特産品になっている「霧島湧水鰻」を購入して帰りました。

「霧島湧水鰻」は2005年、日本で初めて「無投薬」の養殖が成功した「うなぎ」です。
元気な「うなぎ」を育てるには、ある程度の薬品を使うことは仕方のないことでした。いや必要不可欠でした。
しかしたゆまぬ努力により、安心安全の「無投薬」の養殖に成功したのが「霧島湧水鰻」です!
(その努力のかいあって、「うなぎの駅」という素晴らしい施設も生まれたのでしょうね)

「霧島湧水鰻」は臭みがなく、身はフワフワで、とても美味しいうなぎでした!「特産品」は冷凍でいただけるのですが、冷凍物とは思えない美味しさでした!

(その時の詳しいレポートはこちら)

特産品の詳細

鹿児島県志布志市1番人気の特産品である「霧島湧水鰻」は、25,000円のふるさと納税の寄付をすることでいただくことができます。

霧島湧水鰻 大156g以上×5尾

こちらの特産品は「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」ともに、申し込みが可能です。
安心安全で美味しい「うなぎ」の特産品です。
日本一の鹿児島県の「うなぎ」ですので、うなぎ好きの方には1度は食べていただきたい特産品です!

「霧島湧水鰻」関連の特産品は上記以外にもいくつか用意されていますので、気になる方は志布志市の特産品をご覧ください!

 

特産品の詳細

鹿児島県志布志市(ふるさとチョイス)」

鹿児島県志布志市(楽天ふるさと納税)」へ)

 

愛知県「一色産うなぎ」

全国第2位の生産量を誇る「愛知県」からは、西尾市の「一色うなぎ」をオススメいたします!

「一色うなぎ」は、愛知県を代表する「ブランドうなぎ」です。
じつは先ほど、鹿児島県志布志市は日本一のうなぎの産地だといいましたが、正確にいうと志布志市は日本一の産地である鹿児島県で1番の自治体です。

市町村レベル見た時の日本一は、西尾市だと言われています。
その生産量は日本全国の約20%!つまり全国の「養殖うなぎ」の5分の1は西尾市で生産されていることになります!

一色産うなぎ職人手焼き

西尾市で三年連続No.1となった特産品が「一色産うなぎ職人手焼き」です!

こちらの特産品は西尾市で大人気の店舗、「うなみ」さん提供の「うなぎ」です。
開店前に行列ができる時もあるほどの人気店だそうです!

人気の秘密は肉厚で脂のった「うなぎ」を、地元ならではのお値段で食べることができること!
秘伝のタレを職人が備長炭で手焼きすることで、旨みを閉じ込た極上のうなぎを楽しむことができます!

ふるさと納税でも店舗同様、美味しい「一色うなぎ」をいただくことができます。ただ、人気がありすぎて商品到着まで3ヶ月かかることもあるそうです(汗)

特産品の詳細


(引用元:https://item.rakuten.co.jp/f232131-nishio/10000636/)

愛知県西尾市1番人気の特産品である「一色産うなぎ職人手焼き」は、13,000円のふるさと納税の寄付をすることでいただくことができます。

うなぎ蒲焼2尾(180g/尾)、タレ

また26,000円の寄付をすることで、倍の量をいただくことができます!

うなぎ蒲焼4尾(180g/尾)、タレ

1尾が180gと、ハンパない大きさです!
少食の人や女性なら1尾を2人でわけてちょうどいいかもしれませんね!

日本の養殖うなぎを支える一大産地、愛知県西尾市の「一色うなぎ」。
「うなぎ」をご検討の方には、ぜひオススメしたい特産品の1つです!

 

特産品の詳細

愛知県西尾市(ふるさとチョイス)」

愛知県西尾市(楽天ふるさと納税)」

愛知県西尾市(さとふる)」へ)

 

宮崎県「鰻楽のうなぎ(ハーブうなぎ)」

全国3位の生産量を誇る宮崎県からは、「鰻楽のうなぎ(ハーブうなぎ)」をオススメいたします!

宮崎県もお隣の鹿児島県に負けないぐらい、「うなぎの養殖」が盛んな地域です。
私は祖母が宮崎県に住んでいる関係で、よく宮崎を訪れます。「土用の丑の日」には地元宮崎県産の「うなぎ」を店頭で実演販売するスーパーもあり、さすがうなぎの養殖が盛んな地域だなと思った記憶があります。
(店頭で炭火焼きで販売をしていました)

そんなうなぎの文化が根付いている宮崎県では、私が購入したこともある「鰻楽のうなぎ」をオススメしたいと思います!

鰻楽のうなぎ(ハーブうなぎ)

manrakulp4_06
(引用元:https://item.rakuten.co.jp/manraku/10000034)

「鰻楽のうなぎ」は、「鰻楽」と呼ばれる宮崎県で評判の鰻屋さんが製造販売しています。
お店の評判が良いのはもちろん、宮崎県ではスーパーでもよく「鰻楽のうなぎ」をよく見かけます!
(食べログでは「3.7」の高評価を受けています!)

「鰻楽のうなぎ」は、ふるさと納税でも大人気の特産品です!
私の記憶が正しければ、2016年頃から猛威をふるっていたような覚えがあります(笑)
確か毎月のように人気特産品ランキングの上位にランクインしていたはずです。しかも何年もの間ずっと!

味の方は、脂が乗っていて大変美味しかった記憶があります。
何年もの間ずっと人気の特産品なだけあって、味の安定感は抜群なんじゃないでしょうか?

特産品の詳細

「鰻楽のうなぎ」は宮崎県内のいくつかの自治体よりいただくことができます。
ふるさと納税では「宮崎県都農町」と「宮崎県日向市」の特産品が人気のようなので、2つの自治体よりオススメの特産品をご紹介させていただきます。

IMG_2059
(私が以前食べた「鰻楽のうなぎ」です)

 

宮崎県都農町

10,000円の寄付 「うなぎ蒲焼2尾(計300g以上)」

うなぎ蒲焼(長焼) 2尾(1尾140g~160g以上x2尾) 計300g以上

添付たれ2袋、添付さんしょう2袋

※頭なしの表記です。

20,000円の寄付 「うなぎ蒲焼5尾(計700g以上)」

うなぎ蒲焼(長焼) 5尾(1尾140g以上x5尾) 計700g以上

添付たれ5袋、添付さんしょう5袋

※頭なしの表記です。

 

特産品の詳細

宮崎県都農町(ふるさとチョイス)」

宮崎県都農町(楽天ふるさと納税)」)

 

宮崎県日向市

15,000円の寄付 「宮崎県日向市産・鰻楽ハーブうなぎ蒲焼2尾」

・うなぎ蒲焼【長焼】 2尾(計360g以上)

・添付たれ  15g×2袋

・山椒    2袋

50,000円の寄付 「宮崎県日向市産、鰻楽ハーブうなぎ蒲焼8尾(1440g)」

・うなぎ蒲焼   8尾(1440g以上)

・添付たれ    15g×8袋

・山椒        8袋

 

特産品の詳細

宮崎県日向市(ふるさとチョイス)」

宮崎県日向市(楽天ふるさと納税)」

宮崎県日向市(さとふる)」へ)

宮崎県を代表する「鰻楽うなぎ」。
ふるさと納税では大人気の特産品ですので、こちらもかなりオススメです!

 

静岡県「浜名湖産鰻蒲焼」

静岡県は「浜名湖産のうなぎ」の名が全国区です!しかし意外と生産量に関しては全国第4位。

「浜名湖のうなぎ」は「うなぎ養殖 発祥の地」として全国的に有名になりました。浜名湖周辺では稚魚のシラスウナギがたくさん獲れたこともあり、養鰻業が盛んに行われていました。昭和40年代には全国生産量の約70%を静岡県が占めるまでになりました!

現在は、九州地方で養鰻業が盛んに行われるようになったこともあり、生産量に関しては全国第4位です。しかし100年以上培ってきた高い養殖技術は健在です!

日本の「うなぎ養殖 発祥の地」である静岡県からは、浜松市より「浜名湖産のうなぎ」をオススメいたします!

「浜名湖産鰻蒲焼」


(引用元:https://item.rakuten.co.jp/f221309-hamamatsu/57862249/)

浜松市からは「浜名湖産鰻蒲焼」がオススメです!
先ほども言ったように、浜名湖は「うなぎ養殖 発祥の地」です。100年以上培ってきた養鰻の技術は、台湾や中国などのうなぎを食べる文化のある国も参考にするほどのレベルだそうです!

素晴らしい養殖技術で育てられているなら、「浜名湖産鰻蒲焼」は美味しいこと間違いないはず!

特産品の詳細

浜松市ではうなぎの特産品がたくさん用意されています。今回は増量中の特産品をオススメさせていただきます!

 

10,000円の寄付 「浜名湖産鰻蒲焼90g3本」

鰻蒲焼約90g×3本

山椒付きフィルムタレ10ml×3P

 

(特産品の詳細は→「ふるさとチョイス」)

 

 10,000円の寄付 「浜名湖 鰻蒲焼 約70g×4P」

鰻蒲焼 約70g×4P

山椒付きフィルムタレ10ml×4P

 

(特産品の詳細は→「さとふる」)

 

特産品の詳細

静岡県浜松市(ふるさとチョイス)」

静岡県浜松市(さとふる)」へ)

静岡県浜松市(楽天ふるさと納税)」

この他にも浜松市にはたくさんの「うなぎの特産品」が用意されています。
「うなぎ養殖 発祥の地」の美味しいうなぎが食べたい方は、浜松市の特産品をご検討ください!

 

高知県「四万十うなぎ」

最後は全国第5位の高知県の「うなぎ」です!
高知県の「うなぎ」と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「四万十川の天然うなぎ」ですよね?
ただ近年は流通しているうなぎの99%は養殖です。天然物はなかなか手に入りません。

しかしここ四万十では、天然に限りなく近い環境で養殖されている「うなぎ」があります。それが「四万十うなぎ」です!

四万十うなぎ


(引用元:https://shimanto-unagi.com/products/detail/82)

「四万十うなぎ」は、四万十川に代表される「良質な水の豊かな地域」で生産されている「うなぎ」です。
「シラスウナギの採捕」「養殖」「加工」「販売」まで、徹底した管理の元に生産されています。

「四万十うなぎ」は、身が柔らかく程よく脂がのっているのが特徴です!
あまり脂がのりすぎず、かといって脂がのっていないわけではない、抜群のバランスになるよう育てられています。

地元では「うなきち」というお店で、遠く離れた方には「通信販売」で、それぞれ高評価を得ている「うなぎ」です!

 

特産品の詳細

高知県四万十市では、「四万十うなぎ」関連の特産品がたくさん用意されています。
ここでは「定番の商品」「訳あり商品」の2つの特産品をご紹介させていただきます!

 

15,000円の寄付 「四万十うなぎ蒲焼き≪旨味≫【80gx2本】×2袋」

四万十うなぎ蒲焼 (有頭)約80g以上×4尾

※小ぶりのうなぎ4本セットです。

ミニたれ・山椒つき

 

10,000円の寄付 「<訳あり>四万十うなぎ蒲焼き【3本セット】」

四万十うなぎ蒲焼(無頭) 合計 300g(3尾)

ミニたれ・山椒つき

 

(特産品の詳細は→「ふるさとチョイス」)

どちらも高知県四万十市で大人気の特産品です!
特に「訳あり商品」はすぐに品切れになるほどの人気商品です!味は変わらないそうなので、ご家庭用にはベストな特産品だと思います!

 

東京「ての字 うなぎ蒲焼」(静岡県吉田町)

最後は番外編です。

東京の老舗である「ての字」のうなぎ。店舗は東京にありますが、うなぎは静岡にある工房から仕入れています。「ての字」は「静岡県吉田町」に工房を構え、そこから良質なうなぎを全国に販売しています。

東京の老舗の味を楽しみたい方にオススメの特産品です!

ての字  鰻蒲焼

「ての字 鰻蒲焼」は、高島屋や三越伊勢丹など大手百貨店でも販売されています!
百貨店で販売さえているほどの商品なので、「質」はかなり高いことがうかがえます。

実は、私くし以前に「ての字」のうなぎを食べたことがあります。
「ての字」のうなぎは東京の老舗らしい、とてもふっくらとした上質なうなぎでした!

味の素晴らしさは検証済みですので(笑)、自信を持ってオススメいたします!

 

(「ての字 鰻蒲焼」の詳しいレポートはこちら)

 

特産品の詳細

「ての字 鰻蒲焼」は、静岡県吉田町の特産品として扱われています。
ではオススメの特産品をご紹介させていただきます!

 

20,000円の寄付 「静岡工房 鰻詰め合わせ3枚セット」

鰻90g×3枚

賞味期限:90日

 

40,000円の寄付 「静岡工房 鰻詰め合わせ6枚セット」

鰻90g×6枚

賞味期限:90日

 

特産品の詳細

静岡県吉田町(ふるさとチョイス)」

静岡県吉田町(さとふる)」

静岡県吉田町(楽天ふるさと納税)」

東京の老舗の味、百貨店が認めた「質」の高さを味わいたい方は、ぜひ静岡県吉田町にふるさと納税を!

 

和歌山県有田市 「国産うなぎ蒲焼」

あともう1つ番外編です(笑)

オススメしたいのは、和歌山県有田市からいただける「国産うなぎ蒲焼」です!

こちらの「国産うなぎ蒲焼」は、上記で紹介した「うなぎの養殖」が盛んな地域のものが使用されています。
今日紹介した特産品の中では1番多くの方から評価を受けている特産品になりますので、こちらもオススメです!

川口水産 国産うなぎ蒲焼 

川口水産は和歌山県有田市で「うなぎの加工」、「卸販売事業」、「小売・通販」をおこなっている会社です。

川口水産では、西日本の養鰻場を中心に「うなぎ」を仕入れています。
時期により1番美味しいものを見極め仕入れているため、年中上質のうなぎを提供することができます!

川口水産は大手通販サイトで「国産うなぎ蒲焼」を販売しており、「楽天市場」では15,000件以上の高評価を受けている大人気の特産品です!

じつは私も以前、川口水産の「うなぎ」をいただいたことがあります。
脂の乗ったとても上質で美味しい「うなぎ」でしたよ!


(その時の詳しいレポートはこちら)

多くの方から支持されている上質なうなぎなので、こちらも自信を持ってオススメさせていただきます!

 

特産品の詳細

川口水産よりいただけるうなぎの特産品はいくつか用意されています。
これよりオススメの特産品をご紹介させていただきます!

 

10,000円の寄付 「国産うなぎ蒲焼き大サイズ2本セット」

国産うなぎ蒲焼き×2本(タレ、山椒付き)

※2本の合計300g以上(1本あたり140~169g)

 

12,000円の寄付 「国産うなぎ蒲焼き3種セット」

特大国産うなぎ蒲焼き/170~199g×1本

国産うなぎカット/40g×2枚

きざみうなぎの蒲焼き/75g×1食

 

180,000円の寄付 【定期便】特大サイズ国産うなぎ蒲焼5本セット(6か月お届け)

1回あたり 有頭国産うなぎ蒲焼き160~179g×5本

※合計6回お届け

※初回配送時はオリジナルお重2個付き

 

特産品の詳細は

和歌山県有田市(ふるさとチョイス)」

和歌山県有田市(さとふる)」

和歌山県有田市(楽天ふるさと納税)」

どれもが魅力的な特産品です!
他の特産品ではない「定期便」が用意されています。セレブの方は「定期便」を申し込むのもいいかもしれませんね!
(定期便を頼めるぐらい稼げるようになりたい 笑)

 

まとめ

今回は全国のオススメの「うなぎ」をご紹介させていただきました!

ふるさと納税の数ある特産品の中でも「うなぎ」は特に人気があるようです。多くの自治体が「うなぎ」の特産品を用意してくれているので、こちらも迷ってしまいますよね。

今日ご紹介した「うなぎ」の特産品であれば、どれもが人気の商品なのでまず失敗はないかと思います。

「うなぎ」の特産品選びに迷われた方、特産品選びに疲れた方は(笑)、ぜひ参考にしてください!

さとふる