ふるさと納税

ふるさと納税おすすめ編!山形県山形市「平成30年産フルーツ先行予約受付開始」

みなさん、いかかがお過ごしでしょうか?
気づけばもう今年も残り1ヶ月半。

子供の頃は「1年はあっという間やね 」という大人達の会話をよく耳にしていましたが、最近は自分がよくこの言葉を使っているのを耳にします(笑)

知っておられる方も多いかと思われますが、じつはふるさと納税制度でも1年の締めは12月なんですよ!

なので今年の残り1ヶ月半の間に、まだふるさと納税の枠が残っている方は、特産品を探さなければなりません。(強制ではないですが) 

ただフルーツなどの季節物の特産品は、すでに今年度の申し込みは終わってしまったものがほとんどで、今からだと主に冬の特産品の申し込みになってしまいます。

冬のフルーツはもちろん美味しいものがたくさんありますが、もっと幅広く、たくさんの特産品の中から選びたいと思われている方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

そんな方に朗報です!
じつは現在、山形県山形市では、来年度(平成30年度)の特産品を今年度のふるさと納税の枠で寄付させていただける「先行予約」を実施しています!

山形市と言えば、「さくらんぼ」「もも」などのフルーツが人気ですがもちろん今年度の申し込みは終了しています。

しかし「先行予約」であれば 、今年度のふるさと納税の枠で、来年度の山形市の人気のフルーツをいただくことができます。
(もちろん平成30年度になってからでも申し込みは可能です!)
1444034420557 blog
(画像はあくまでイメージです)

ということで、山形市にふるさと納税することで先行予約できる特産品をご紹介したいと思います!

と言いつつ、先行予約できる特産品の種類がありすぎて伝えきれないので、とりあえず申し込み可能なフルーツの種類をお伝えしますね。

山形の代名詞である「さくらんぼ(佐藤錦、紅秀峰)」はもちろんのこと、「桃(白桃、黄金桃)」「ぶどう(ピオーネ、デラウェア、シャインマスカット)」「なし」「プラム」「メロン」「すいか」
まぁ、みなさんが好きそうな果物がだいたいあります(笑)

たくさんの果物がありますが、特に私がオススメしたいものが1つあります!
それは私が大好きな特産品でもある「紅秀峰」です。
1435737021711blog
(以前、私が他の自治体からいただいた紅秀峰です)

「紅秀峰」についてはこのブログでも何度か書かせていただいたことがあるのですが、簡単に言うと「佐藤錦」の天下を脅かす可能性のある人気上昇中の「さくらんぼ」です。

今まではさくらんぼといえば「佐藤錦」と言われるくらい、「佐藤錦」の1強の時代が続きました。

しかし、近年「紅秀峰」という新星が現れ、「佐藤錦」の座を脅かしています。

相撲で例えるなら、朝青龍の1強の時代が続いていたけれど、白鵬という新たな横綱が現れ、2強の時代になりましたよね。(今の「佐藤錦」と「紅秀峰」の関係はこの辺り)

そして朝青龍が引退したあと、白鵬は朝青龍を上回る成績を残し(優勝回数など)、今では朝青龍を超え、大横綱と言われるまでに成長しました。


紅秀峰は佐藤錦と比べて甘さが強いのが特徴で、私も何度か食べたことがあるのですが、本当に甘く美味しいさくらんぼです。

おそらく紅秀峰は白鵬と同じような成長を見せ、佐藤錦を追い越し大さくらんぼになるんじゃないかと個人的には思っています!(大横綱的な意味合いです)

はい(笑)、ではオススメの紅秀峰をいただける特産品の詳細を。

「紅秀峰」をいただける特産品は「先行予約」の中にもたくさんあるのですが、私が特にオススメしたい特産品が山形市に10,000円の寄付をすることで「紅秀峰」が1.2kgいただける特産品。

こちらの特産品は「紅秀峰」をパックに小分けしていただけるようなので、家族で食べるだけでなく、親戚やご近所さんなどにもおすそ分けできるようになっています!

あと、30,000円以上のふるさと納税の寄付が必要になりますが、「定期便」といわれる、何度かに分けて様々なフルーツがいただける特産品もありますので、こちらもオススメしたいと思います!

ちらみに「先行予約」は来年(平成30年)の3月31日までとなっていますので、今年のふるさと納税の枠が残っていない方は、来年度の枠でふるさと納税をすることが可能です!

さとふる